日焼けをしたら体の中からもケア

日焼けをしてしまった肌は熱を持っていて、何もせずにいると肌の乾燥が進行したり、炎症による肌トラブルを招いてしまいます。そのため、まずは冷やすことが大切です。冷たいタオルやシャワーを浴びて冷やしましょう。

そして、外からのケアだけでなく、体の中からもケアをすることで、肌の回復が早くなることが期待できます。

美容によい成分というとビタミンCを思い浮かべませんか。ビタミンCには抗酸化作用があり、紫外線から体を守る力があります。紫外線を浴びるとメラニンの生成が促されますが、ビタミンにはメラニンの生成を抑制したり、メラニンを還元する働きもあります。

日焼けをしたときはビタミンCを摂取して体の中からもケアをして、肌の回復を助けてあげましょう。ビタミンCが多い食品は、レモン、イチゴ、パセリ、芽キャベツ、赤ピーマンなどです。レモンやパセリなどにソラレンという物質が含まれていて、ソラレンを摂取してから紫外線を浴びるとシミができやすいので、食べるなら夜にするとよいでしょう。また、肌の刺激になるのでレモンパックはやらないでください。

PR|メンズ化粧品の乳液なら